コンプレックスを改善するヒント!

本音と建前を区別できない私はサービス業に向いてないな、、といつも思っています。今日はそんなお話。私は本来なら自分を殺して建前で営業しないといけないのだろう・・・そんな事をいつも頭に浮かべながら頑張って自分づくりをしています。私はモノづくりが大好きで、昔は絵を描いたり、工作をしたり、日曜大工をしたり、、美術館に行くのも大好きです。

そんな私が美容師になった時カラーや、パーマでいろんなデザインを作るのが楽しくて、美容師になりました。

ですが、最近思う事は「美容」という言葉と裏腹に美容師はお客様の髪の毛を痛ませながら営業をしなければいけません。見習いの時はそんなに重要な事だとは思っていませんでした。髪が痛めば、トリートメントをすればいいのですから・・・(笑)多分多くの方はそう思って生活されているでしょう・・・(当たり前のことですね)

しかし、毛髪化学の試験勉強をきっかけにとても罪深い事を繰り返している事に気が付きました。なるべく1つの事だけに執着しないためにいろんな情報を常に聞いたり、調べたりしています。そして、他店の美容室よりも随分アナログな事にこだわって営業しています。何故かと言うと経営者(代表)になって全ての責任が自分にあるからです。(苦笑)私は嘘をついてまで営業したくないし、嘘でお客さんと繋がっていたくないんです。(勝手な経営でしょうか?)美容師になって24年になりますが、大嫌いな勉強と向き合いながら、本当に変わっていくもの、維持できる美容法をベースにやってきました。でもやっぱり実際にはSNSのフォロアー数を見ていると、即効性という変化を求めている方が美容業界を支えているんだな・・・と実感する今日この頃です。

本来は美容の薬剤に痛まないものはありません。痛みにくい、痛んだように見せない、被って隠す(かつら)などの商品は山のようにありますが、おそらく世の中的にはそれが気分転換にもなり、気分上昇、メンタル維持など、、楽しみの1つなんだな、、、と思います。プシュカルは髪の毛に負担の無い物を日々探求していく中でいつもジレンマが起こります。パーマ、縮毛、ブリーチ、カラー、これは美容なの?とも思える事も、、、髪を痛めて、成果を頂く最も詐欺的集団なのでは?と思えるほど、人間(女性)を洗脳する業種だな、、と思えてくるんです。とてもセンセーショナルな発言で申し訳ありません。

大げさな発言だと思う方もおられるでしょう、、では、「身だしなみよ!」「他人より綺麗に見られたいからよ!」というのなら、髪を整えて清潔にするだけでよいのでは?「それでは個性がないじゃない!」というのであれば、洋服の好みを変えてみれば?とまぁ、、最近、コロナになってめちゃくちゃ感じるんです。コロナになって楽しみが減った!お金がない!楽しくない!だからせめて美容室くらいは!!ってめちゃくちゃ聞きます。美容室にしてみたらとてもありがたい事ですよね!でも、結局髪の毛に負担を与えて、我流で市販のトリートメントを買いあさり、髪が修復してるとも感じないままで、また新しい物を理解もなく購入して負の連鎖、、、一瞬の快楽に惑わされているだけで、無駄遣いしている事に気が付いていないんです・・・(( ノД`)シクシク… 私はおそらく、ワンダーランドへ行けない人間なんだな・・という事に最近気づきはじめました。現実しか見れない人間なんだと、、、これからもっと美容は進化していくし、どんどん新しい商品が出てきます。でも、ケミカルの真実を知れば知るほど、私の批判はなくならないし、この先もしかしたら、カットと、着付けしかしません!!なんて言いそうな自分もいます。パーマも、カラーも人間が作り出したイリュージョンです!でも、自分の素材が生きてこそ、ケミカルの力も発揮できるんです。なので、知らない知識で、過剰に髪を痛めるのはやめましょう!(堂々巡りに気づいてください!)本当に必要な事、自分にしかない素材を個性に変えて、素材を生かしながらケミカルと付き合っていきましょう!本当の美容は心の中にあって、癖毛も、白髪も、薄毛も、それぞれの個性です。過剰な薬剤塗布によって、本来の細胞を殺してしまうのは本末転倒!自分と向き合って、自分を好きになる事を日々の思考につなげましょう!

白髪がおばあさん!なんて時代はもう古い!必ず素材を生かせる時代、自分づくりが財産になっていくと思っています。ケミカルは健康維持したり、美髪にするものではありません。気分転換に利用する魔法の薬です。

10年やってきて思う事 私はプシュカルを自分でやりつくした!と思うときに卒業しようと思います。そして私が習ってきた事や、変化に気づいていただいている方には今までと変わらず、精神誠意をつくして、おばあちゃんになっても自分のツヤ髪で生きてほしいと思います。滋賀県に帰ってきてノンシリコンを言い続けて10年!時代がやっとプシュカルに近づいてきた!という事も自負しております。「美容」美しい容姿か・・・深いですね・・・プシュカルは「美容」という言葉は内面から作られると思っています。髪の内部はもちろん、自分の持つ素材を生かす!個性を作る!体に負担のかからない事の積み重ね。それが美しく容姿をキープすることに繋がると思っています。表面に重ねられたパテはいずれ剥がれ落ちていく事も、沢山見てきました。アナログでゆっくりですが、確実に内面から美しさをキープできる人間作り、そして今いる大切なお客様と共に、美容のあり方を探し続けたいと思います。

PS 私ごともふまえての一言・・・

コンプレックス(髪の毛)(容姿)(性格)(健康)etc

例えばこの4つがコンプレックスの扉だとしたときに、一番わかりやすいのが私のコンプレックス!(おデブ・容姿)(笑)

例1) 早く痩せたい!→食事制限、運動、エステ、サプリ、脂肪吸引

言い訳 →しんどいのはイヤ!お金ない!お菓子食べたい!運動したくない!

例2) 髪の毛薄い!→ 高いシャンプー、トニック、ウイック、サプリ、AGA(医療)

言い訳 →お金ない!生えるかわからない!継続できない!年なのでもういい!

例3) 白髪イヤ!→ 白髪染め、サプリ、ブリーチ、カラートリートメント、ヘナ

言い訳 →老けて見える!みすぼらしい!ブリーチは痛む!髪がパサつく!

例4) 持続力!→ 人、物のせいにしない、継続する、勉強する

言い訳 →めんどくさい!物、人のせいにする!言い訳する!知識を持たない!

1から4のネガティヴワードは、それぞれに個々の生活習慣や、体質、持続力、継続力でふり幅が変わってきます。どんなに頑張っても50代が10代にはなれないのはみんなわかっているはずなんです。今気づいて今の年齢、現状で止めるか、自分に出来る事を1つ選んで、継続するか、、後退するか、、、自分に関係ないワードにはやたら自信を持てるのに、気になるワードになると言い訳をしてしまう。それが人間なんですけど、、、どのくらい悩んでいて、どのくらい改善したいのか、、それは、自分しか改善できません。でも、人間の本質、機能、体質を理解したうえで、慌てずに確実に成果を出していく事も大切だと思います。プシュカルは、即効性が正しい答えだとは思っていません。即効性には必ずリスクを伴います。

亀のようにゆっくりですが、確実に成果が出ているお客様が多いのは10年やってきた自信になっていますし、10年ついてきてくれたお客様には本当に感謝しています!!本当に大切で、負担にならない事を継続することで、コンプレックスから少しずつ解放されていくと思います!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

光触媒の効果