ダイエット遺伝子検査!

毎度おなじみの人間モルモットです!

随分前の話ですが、お客さんに教えてもらった 「DHC遺伝子検査」という唾液検査をやってみました!

もちろんダイエットです(笑)

リンゴ、洋ナシ、型で、太る仕組みがわかるってやつです!その結果!!なんと!私は「バナナ型」なんじゃそりゃ??結果をみて笑ってしまいましたが、内容をみて、愕然としました・・・ほんとはスリムな人~~~(爆笑)

全前回の「体質と性質」(先天性)にも書きましたが、太った家系が食べる物・・・まさしく!幼少期から、糖質漬けの毎日で、確かに生後6カ月でミカン6個食べたという驚異的な武勇伝があるんです(爆笑)

バナナ型の人の特徴は、ひょろりとスリムで、筋肉が付きにくい、1度太ると戻りにくい。という特徴です。本来なら太りにくい遺伝子ですが、私の場合、生後6か月から今日まで、糖質と共に生きてきました。脳みそも破壊されています。

コロナダイエットを始めてから、15~17キロ減をウロウロと、、流石に3年目突入すると・・いつもの意志の弱さと戦う毎日です。2021年の年末から、年明けにすっかりスイッチが点滅しはじめて、また糖質依存!運動も、3日置きになっています(( ノД`)シクシク…でも、この結果を知る事が出来たので、またスイッチを入れなおさないといけません!

バナナ型は、筋トレと、タンパク質摂取を強化! 糖質オフ(( ノД`)シクシク… データーにもありましたが、幸い油ものは苦手なので、ひたすら糖質と向き合わなければいけません( ノД`)シクシク… どこかで・・・糖禁しなければ・・・ちょっと今ではないな・・・と甘えております。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

ぷしゅかる絵本